妊婦検診費用14回分を無料に

住民生活課 0857-73-1415

 
妊婦届を提出された方の、妊婦健診14回分の費用を助成します。
   (ただし、一定額を超えた場合、自己負担となります)
詳細はこちら
 

 多子出産祝金が支給されます

住民生活課 0857-73-1415


第3子以降のお子様を出産された方が対象です。詳細はこちら
   3世代以上同居世帯…10万円
   上記以外の世帯…… 3万円 


 産後検診・1か月児健診費助成

住民生活課 0857-73-1415

 

産後、分娩医療機関において実施される産後健診と1か月健診にかかる費用を助成します。(上限額:お母さんとお子さんの健診費用を合計して5,000円まで。)詳細はこちら

 

 医療費を18歳まで530円/日に

住民生活課 0857-73-1415

 

 
18歳まで医療費の自己負担額を軽減します。
   通院…530円/日(ひと月4日まで)
   入院…1,200円/日 

 【助成対象者】
  ・18歳までの者
    (18歳に達する日以後の最初の3月31日まで)
 詳細はこちら

 

乳児用おむつ購入費助成制度

住民生活課 0857-73-1415

 

1歳未満の乳児を養育している保護者に対して、
 おむつ(布おむつ、おむつカバーを含む)の購入費を助成します。
 乳児1人につき30,000円(限度額)。
詳細はこちら

チャイルドシート・ジュニアシート購入費助成

総務課 0857-73-1411


6歳未満の乳幼児がいる世帯に対して、チャイルドシート・ジュニアシートの購入金額の1/2(1万円を上限)を助成します。乳幼児1人につき、チャイルドシート・ジュニアシートそれぞれ1台ずつ助成が受けられます。詳細はこちら

 第3子以降のお子様の保育料無料

住民生活課 0857-73-1415

 

《保育料軽減制度》 第3子以降のお子様の保育料を無償化します。
第2子軽減 生計同一の第2子のお子さまの保育料は、第1子の基準額の半額。
ただし、低所得世帯の場合は、無料。
第3子以降無料 生計同一の第3子以降のお子様の保育料は、無料。

 詳細はこちら

 

 子どもの任意予防接種の費用を一部助成

健康長寿課 0857-73-1322


予防接種の自己負担額を助成します。(対象条件あり)
  ・季節性インフルエンザ   (自己負担額500円)
    ・おたふくかぜ
  ・ロタウイルス
   

  詳細はこちら

 小学生をスクールバスで送迎

教育委員会 0857-73-1301


* 
遠距離通学となる地域を対象にスクールバスを運行し、
        児重の通学における安全確保及び保護者の負担軽減を図ります。

 病気のお子さまをお預かりします

住民生活課 0857-73-1415

 

 
 病気または病気の回復期にある児童が、集団保育や保護者
  の就労等の都合により家庭での保育が困難な期間、その
  児童を病院で一時的にお預かりします。
詳細はこちら

    ●開設場所:岩美病院
    ●開設時間:午前8時30分〜午後5時30分

 

 中学生・高校生の通学をサポート

教育委員会 0857-73-1301

 

 

バス通学者に、月額3,000円を超える部分のバス定期代を
  助成します。
  ◆1世帯に対象者が2人以上の場合は、2人目以降月額
  1,500円を超える額を助成(岩美駅までのバス代が対象)

自転車通学者(岩美中学生のみ)にはヘルメット購入費を
 助成します。(全額)
 ⇒ 
中学生・高校生への通学費補助について


高校新1年生の通学費用の一部を助成⇒ 詳細はこちら
 (JR岩美駅〜鳥取駅間の3ヶ月高校生通学定期券代相当額)

 

 小中学校の少人数学級編成

教育委員会 0857-73-1301

 

 
 町内の小・中学校では、学校生活への順応や不登校対策
  として30人学級を実施しています。



 



 定住支援トップページヘ
 
住居関連の応援
 <空き家活用情報システム>
● 子育て関連の応援
 就労関連の応援
 
生活環境関連の応援
 健康対策関連の応援
 高齢者等福祉関連の応援

  


 

 



 



 定住支援トップページヘ
 
住居関連の応援
 <空き家活用情報システム>
● 子育て関連の応援
 就労関連の応援
 
生活環境関連の応援
 健康対策関連の応援
 高齢者等福祉関連の応援