<関連リンク>

移住定住ポータルサイト
鳥取県田舎暮らし


中国財務局「国有財産」ページへリンク

空き家活用情報システム
  1. 本システムの利用を希望される方は事前登録が必要ですので、岩美町役場へ電話連絡をお願いいたします。
  2. 役場へお越しになる際は、事前連絡をお願いいたします。事前連絡がない場合は対応できないことがあります。
  3. 空き家利用に当たっての交渉・契約は、当事者同士で進めていただきます。交渉等に岩美町が介入することはございません。
  4. トラブル防止のため、所有者等と現地確認後に交渉を進めていただきますようお願いいたします。
  5. その他、本システムの利用に当たっては以下の注意事項をお読みください。

空き家物件情報 画像をクリックすると拡大した平面図をご覧いただけます。


物件ナンバー

区分

構造/築年数

土地/建物面積

No.18 蒲生地区

賃貸
売買

木造スレート
瓦葺2階建
築約35年

約1,135/約273
 平方メートル

No.35 蒲生地区


賃貸
売買

木造瓦葺平屋建
築約60年

約314/約96
平方メートル

No.39大岩地区

売買

木造瓦葺2階建
築約50年

約224/約121
平方メートル

No.40浦富地区

売買

木造瓦葺1階建
築約26年

約550/約73
平方メートル

No.41小田地区

賃貸

木造瓦葺2階建
築約65年

約704/約147
平方メートル

No.43小田地区

賃貸
売買

木造瓦葺2階建
築約65年

約700/約266
平方メートル

No.47浦富地区

賃貸
売買

木造スレート葺1階建
築約10年

約204/約66
平方メートル

No.48本庄地区

売買

木造瓦葺2階建
築約40年

約682/約182
平方メートル

No.49田後地区

売買

木造瓦葺2階建
築約50年

約150/約74
平方メートル

No.50浦富地区

賃貸
売買

木造瓦葺2階建
築約60年

約222/約131
平方メートル

No.51網代地区

賃貸
売買

木造瓦葺2階建
築約36年

約89/約45
平方メートル

No.52本庄地区



売買

木造瓦葺2階建
築約47年

約496/約167
平方メートル

No.53田後地区

賃貸

木造瓦葺2階建
築約200年

約192/約96
平方メートル

No.54本庄地区

賃貸
売買

木造瓦葺2階建
築約100年

約1182/約107
平方メートル

 No.55浦富地区


 売買
 鉄骨造鋼板葺1階建
築約13年
 約319/約45
平方メートル
 No.56大岩地区

 賃貸 
売買
 木造瓦葺2階建
築約44年
 約526/約131
平方メートル
No.57蒲生地区

売買

木造瓦葺2階建
築15年

約393/約18
平方メートル


各地区の概要、特徴

 ○東地区
 MAPPLE海水浴場ランキング全国1位に選ばれた「東浜海水浴場」が広がる人気のエリア。
 ○浦富地区
 浦富海岸、牧谷海水浴場などを有し、公共施設、店舗などが集まる岩美町の中心部。

○田後地区
 岩美町の基幹産業である漁業を支える「田後漁港」を有する漁村エリア。

○網代地区
 岩美町の基幹産業である漁業を支える「網代漁港」を有する漁村エリア。

○大岩地区
 教育施設なども近く、静かな住宅地の広がるエリア。
○本庄地区
 道の駅「きなんせ岩美」を有し、岩美町中心部にも近い便利なエリア。  

○小田地区
 田畑と山々の広がる山村エリア。温泉施設、キャンプ施設もあり。

○岩井地区
 1200年の歴史を誇る山陰最古級の温泉「岩井温泉」を有するエリア。

○蒲生地区
 日本の棚田百選に選ばれた「横尾棚田」を有する山村エリア。


地区別登録物件一覧

 ○地区別登録物件一覧(PDF:639KB

岩美町空き家活用情報システムについて 空き家活用情報システムの概要です。本制度をご利用の方は以下をお読みください。


岩美町では、町内に所在する「空き家」の流動化を促進することにより、地域の空洞化を抑制し、良質な住環境の再整備と町内への移住を希望される方などへの住宅供給の橋渡しとして『空き家活用情報システム』(以下、本システム)を運営しています。

本システムでは、空き家情報の窓口として空き家所有者から「空き家」の情報提供を受け、それらの情報をホームページなどで提供します。(空家情報システム 情報登録申込書

※「空き家」とは・・・町内において、個人が居住を目的として建築したもので、現在、居住していない建物で、本来、賃貸、分譲等を目的とする建物は対象となりません。


本システムのご利用に当たっては、以下の条件に同意していただきます。
  • 空き家の利用を希望される方には、事前登録していただきます。(利用申込書
  • 登録後、所有者への連絡を取りますので、それから当事者同士で現地確認や交渉を行っていただきます。
  • トラブルを防ぐためにも、所有者等と現地確認後に交渉を進めていただきますようお願いいたします。
  • 原則として、「空き家」への入居後において居住する地域の自治組織(自治会、町内会など)への加入が必須条件となります。
  • 本システムは、町内の定住促進により地域の活性化を図ることを目的として実施しています。町では、売買または賃貸契約の仲介を行いません。また、当事者同士の交渉に介入することはありません。
  • 岩美町個人情報保護条例(平成15年岩美町条例第1号)の規定により、申込された個人情報は、本事業の目的以外に利用しません。

UIJターン支援制度の紹介 空き家活用情報システムを利用しての移住を支援するための補助制度を設けています。制度名をクリックして補助金交付要綱をご覧ください。


 移住者への助成制度

空き家活用情報システムを利用し、一定の要件を満たす移住者が住宅を改修する場合、その費用の2分の1を助成します。(上限金額:県外からの移住者 200万円、鳥取県東部以外の県内からの移住者 100万円)


 移住先自治会への助成制度

移住者が地域にとけ込めるよう、移住先の自治会がフォローする活動に対する交付金です。(自治会に対し、1件5万円)


 空き家所有者への助成制度

空き家への入居者が決定した場合、空き家所有者へ当該物件の家財道具等の整理費を助成します。(上限金額:県外からの移住者 40万円、その他10万円)