飼い犬の登録と狂犬病予防注射の実施について

 

 狂犬病予防法により、犬の所有者は、飼い犬の登録と狂犬病予防注射が義務付けられています。

 (1)生後91日以上の犬は、生涯に1、登録をしなければなりません。

 (2)生後91日以上の犬は、毎年1、狂犬病予防注射を受けなければなりません。

 

 犬を飼われる際には、必ず役場健康長寿課に届出を行い、鑑札の交付を受けて、犬の登録をしてください。狂犬病の予防注射については、毎年4月に町内の複数の会場で集合注射を実施しています。また、平成24年4月より鳥取市内の動物病院でも犬の登録と予防注射済票の交付ができるようになりました。既に登録済みの場合、3月下旬に町からお送りする案内通知(狂犬病予防注射済票交付申請書)が必要ですので、必ず動物病院にお持ちください。動物病院に案内通知をご持参いただけなかった場合は、狂犬病予防注射後に、病院から発行される「狂犬病予防注射済証」を行政窓口に持参していただくことで、「注射済証」を交付する手続きとなります。

 

令和2年度 狂犬病予防注射日程表(集合注射)

※新型コロナウイルス感染症拡大防止のため集合注射を延期等する場合があります。延期等の場合は、無線放送・ホームページでお知らせしますのでご確認ください。

 

犬の登録と狂犬病予防注射済証の交付ができる鳥取市内の動物病院の一覧

<手数料及び注射料金>

    登録手数料:3,000円  注射料金:2,550円 予防注射済票交付手数料:550円


<集合注射・動物病院での注射の際にお持ちいただくもの>

 【既に登録をした犬を飼っておられる方】
    ・ 案内通知(狂犬病予防注射済票交付申請書)

    ・手数料、料金

  (注射料金:2,550+予防注射済票交付手数料:550
                                 
合計3,100円

 【まだ登録していない犬を飼っておられる方】
   ・手数料、料金
  (登録手数料:3,000+注射料金:2,550円+予防注射済票交付手数料:550円
                                 = 合計6,100円

犬の登録内容の変更について

 

 飼っている犬が他の市町村へ転出する場合は、岩美町の犬の鑑札を持って、移動先の市町村で変更の手続きをしてください。他の市町村から岩美町へ転入する場合は、登録市町村の鑑札を持って、役場で手続きをしてください。また、犬の飼い主が変わる場合や犬が死亡した場合は、役場健康長寿課へ届出をしてください。

飼い主がルールを守り、マナーを心得て飼うことが重要です。
放し飼いはやめましょう
 犬の放し飼いは禁止されています。特に散歩中は必ずリードをつけるようにし、犬を常に制御できるようにしましょう。

・フンは持ち帰りましょう
 フンの始末は飼い主の責任です。散歩の最中などにフンをしてしまった場合は持ち帰って処理してください。

 

以下の鳥取県のホームページに、犬や猫などペットを飼う方へ事前に考えて欲しいことや知っておかねばならないことがまとめられています。こちらもぜひご覧ください。

 鳥取市保健所ホームページ

  https://www.city.tottori.lg.jp/www/contents/1520327910229/index.html

 鳥取県ホームページ(ペットを飼う方へ)

  http://www.pref.tottori.lg.jp/dd.aspx?menuid=126875

 鳥取県ホームページ(動物保護公示情報)

  http://www.pref.tottori.lg.jp/221001.htm
   


ペットの受動喫煙に注意しましょう。こちらもご覧ください。
 鳥取県ホームページ(ペットの受動喫煙にもご注意を)
  http://www.pref.tottori.lg.jp/262267.htm