高齢者等移送サービス事業の概要

 

◆サービスの内容

 自宅から岩美町内の次の場所の間を片道(1乗車あたり)500円の利用料金で送迎します。(途中での乗り降りはできません。また、年間100回(片道、登録月により異なります。)の利用制限があります。)

※自ら介護サービスを提供しない老人ホームに入居している場合は、当該施設を自宅とみなします



(1)医療機関 ・・・岩美病院、町内の個人開業医

(2)公民館  ・・・中央公民館、各地区公民館(コミュニティセンター)

(3)体育施設等 ・・
町民体育館、町民総合運動場、各地区社会体育施設、いこいの里

(4)温泉施設 ・・・老人福祉センター、たきさん温泉

(5)行政機関等・・・役場、岩美すこやかセンター、社会福祉協議会

 

◆利用できる人

(1)介護保険で要介護3〜5に認定された人

(2)下肢または体幹機能に2級以上の障がいがある人

(3)田河内、相谷、向山、唐川、大坂、鳥越に住む65歳以上の人

(4)住民税世帯非課税で次のいずれかの人

 ・介護保険で要支援1〜要介護2に認定された人

 ・下肢または体幹機能に障がいがあって1.と同程度の人

  ※介護が必要な方は介護者が同伴してください。

 

◆移送する事業所

(1)福祉車両(かきつばた号)による移送(車両に備え付けの車いすがあります。)

 ・日本交通(電話72−1321)

(2)タクシーによる移送

 ・旭タクシー(電話72−1311)

 ・
観光タクシー(電話72−0285)

 ・日本海タクシー(電話73−1110)

 ・
日本交通(電話72−1321)
 ※旭タクシー、日本海タクシー、日本交通にはUDタクシーが配置されています。
  (車いすは設置されていません。)

  

◆利用するには

 このサービスを利用する場合は、岩美町が発行する利用券が必要です。

 健康長寿課(岩美すこやかセンター内)にお申込みください。



<利用料金の減免について>



下記の理由により所得が前年度の半分以下になったとき、利用料金の減免が受けられる場合がありますので、健康長寿課までご相談ください。

  • 生計維持者が死亡、心身に重大な障がいを受け、もしくは長期入院した場合
  • 生計維持者が事業の休廃止や失業をした場合
  • 生計維持者の事業が干ばつ・冷害などの自然災害により、損害を受けた(農作物の不作、不漁)場合