行政改革の取組

1.行政改革の目的

人口減少や少子高齢化が急速に進む中、持続可能な行政運営が求められています。そこで、地方財政の厳しさを再認識し、健全な財政運営を推進するとともに、職員の意識・行動の改革を進め、効率的・効果的な行政運営を実現することで質の高い行政サービスの提供を図ります。
また、町民との協働を推進することで効率的かつ活力ある行政システムの構築と運営体制の確立を目指します。

2.行政改革推進にあたっての基本方針

行政改革の推進にあたっては、岩美町行政改革大綱で定めた2つの重点項目の実現に向け、最小限の経費で最大の効果をあげる工夫と、「Plan(計画)⇒Do(行動)⇒Check(評価)⇒Action(改善)」のマネージメントサイクルを定着させ、新たな実施事項の追加や見直しを積極的に行ってまいります。

岩美町行政改革大綱

 岩美町行政改革大綱(平成27年度〜平成31年度)(PDF 145KB)

改革の推進期間

平成27年度から平成31年度までの5年間

改革の進行管理

大綱で定めた重点事項の実施に向けた実施計画を策定します。実施計画については、行政改革推進委員会に毎年度進捗状況を報告し、助言等を求めながら積極的に検討を加え、新たな実施事項の追加や見直しを行います。改革の進捗状況については、町民に広く公表していきます。

岩美町行政改革実施計画

実施計画は、大綱を踏まえ、具体的な取り組み事項やそのスケジュールを示したもので、社会経済情勢などの変化に対応して、毎年度検討を加え、新たな実施事項の追加や見直しを行います。



3.推進体制

行政改革推進体制 簡略図

地方行政サービス改革に関する取り組み状況等の調査結果公表について

  地方行政サービス改革の取組状況等(PDF 296Kb)