鳥取県岩美町では、誰もが農山漁村で元気に安心して暮らし続けられるまちをめざし、「鳥取県×日本財団共同プロジェクト」に係る助成金等を活用し、町内各団体で連携し、高齢者や障がい者が交流しながら働く拠点を農山漁村に整備するとともに、ITネットワーク等を活用してヒト・モノ・サービスの循環を促す仕組みづくりに取り組んでいます。
 今後、この取組については、ブログで紹介していきます。 

ブログ:鳥取県岩美町「小さな拠点」づくり

9

<主な取組>
○漁村における常設型高齢者サロンの運営(鳥取県漁業協同組合網代港支所) 
○農村における常設型高齢者サロンの運営(岩常部落・院内集落)
○ITネットワークによる高齢者サロンの充実(岩美町社会福祉協議会)
○特産品出荷支援体制及び移動販売体制の整備(岩美町「小さな拠点」推進振興協議会・鳥取いなば農業協同組合)

ニュースリスト

岩美町移動販売車及び特産品集荷車の出発式が開催されました。

2017年02月01日
もどるもどる
 平成29年2月1日、JA鳥取いなば岩美支店で「岩美町移動販売車」、「特産品集荷車」の出発式が開催されました。
 
 出発式には日本財団鳥取県事務所の木田所長や鳥取県元気づくり総本部の小倉本部長が来賓として参加され、車両の贈呈や関係者によるテープカットなどが行われました。
 
 この取組は鳥取県×日本財団共同プロジェクト「中山間地域の生活支援」によるもので、高齢になっても岩美町の農山漁村で元気に安心して暮らし続けられるまちを目指して行うものです。
 
 岩美町の西垣副町長は「買物支援が大きな目的ではありますが、移動販売車を通じて買い物の楽しみを感じてもらったり、地域の方の見守りをすることで、地域の方が販売車に描かれているような笑顔になってほしい。」と話しました。
 
 利用者の方は、「なかなか買物に出れないので、車が来るのを楽しみにしています。」、「新しい販売車は買い物がしやすくて便利になりました。」と話していました。

(※)移動販売車の運行情報は
こちら

aisatu
日本財団 木田所長あいさつ

副町長あいさつ
岩美町 西垣副町長あいさつ

車両贈呈
車両贈呈(日本財団 木田所長 ⇒ JAいなば 谷口代表理事組合長)

テープカット
テープカット