国民年金のしくみ
 国民年金は、将来「年をとったとき」「障害の状態になった時」「不幸にして死亡したとき」などに、本人や家族の生活を守ることを目的とした社会保障制度です。日本国内に住所のある20歳から60歳までのすべての方が、国民年金に加入し、保険料を納めることになっています。年金を受け取るためには、この間に25年以上の保険料を納めることが必要です。職業や収入を問わず加入します。

加入する年金の種類

 あなたの加入する国民年金3つのグループに分けられます。

第1号

被保険者

(任意を含む)

 20歳以上60歳未満で、農業、自営業者、学生、無職の方、会社員等の配偶者であるが扶養になっていない方

 日本年金機構から送られる納付書で保険料を納めてください。(金融機関・郵便局・コンビ二エンストアの窓口)

 口座振替が便利でお得です。

 保険料をまとめて納めると割引される前納制度もご利用ください。

第2号

被保険者

 厚生年金、共済組合、船員などに加入している方

 厚生年金などの制度から支払われますので個別に保険料を納める必要はありません。

第3号

被保険者

 第2号被保険者(厚生年金、共済組合、船員の被保険者)に扶養されている配偶者で20歳以上60歳未満の方

 保険料は、配偶者の加入している年金制度から負担する仕組みになっていますので、個別に納付する必要がありません。

 また、国民年金に希望すれば任意で加入することもできます。

  ★60歳以上65歳未満の人(老齢基礎年金を受けていない人)

  ★60歳未満の人で厚生年金や共済組合から老齢(退職)年金を受けている人

  ★海外にお住まいの日本人(20歳以上60歳未満)



支給される年金

 ★老齢基礎年金

 国民年金に加入して、受給資格期間を満たした人が65歳になったときから支給されます。

 ★障害基礎年金

 国民年金に加入中あるいは20歳前に初診のある病気やケガで障害になったとき、初診日が60歳以上65歳未満で日本に住んでいる人が障害になったときに支給されます。

 ★遺族基礎年金

 国民年金加入者や、加入したことのある人が亡くなったとき、その人によって生計を維持されていた子のある妻、または子が受けられます。また、寡婦年金、死亡一時金、特別障害給付金(平成17年4月から)制度などもあります。年金を受けるための相談は役場住民生活課保険係にお問い合わせください。

  


こんなときは、届出をしましょう

こんなときは ここで こうしましょう










 20歳になったとき

第1号被保険者

  →市区町村

第3号被保険者

  →配偶者の勤務先

 厚生年金・共済組合加入者以外は国民年金に加入の手続きをする

 会社を退職したとき

市区町村

 国民年金に加入の手続きをする

(被扶養配偶者も同様)

 結婚や退職等で配偶者の扶養になったとき

配偶者の勤務先

 第3号被保険者への種別変更の手続きをする

 配偶者の扶養からはずれたとき

市区町村

 第3号被保険者から第1号被保険者への種別変更の手続きをする

 年金手帳をなくしたとき

第1号被保険者

  →市区町村

第3号被保険者

  →配偶者の勤務先

 再交付の手続きをする











 口座振替を開始、停止、変更するとき

銀行・郵便局・農協・漁協・信用金庫・年金事務所

 口座振替依頼書を提出する

 保険料を納めるのが困難な時

市区町村

 全額または半額免除の申請をする30歳未満の方→若年者納付猶予の申請をする

 学生で保険料を納めるのが困難な時

市区町村

 学生納付特例の申請をする