○岩美町立児童館運営規則

平成17年4月1日

規則第8号

岩美町立児童館運営規則(昭和62年岩美町規則第8号)の全部を改正する。

(目的)

第1条 この規則は、岩美町立児童館の管理及び運営に関する事項について、児童福祉施設最低基準(昭和23年厚生省令第63号)に定めるもののほか、必要な事項について定めることを目的とする。

(事業)

第2条 児童館は、次に掲げる事業を行う。

(1) 健全な遊びをとおして、児童の集団的及び個別的指導

(2) 自立した地域組織活動の育成助長及びその指導者の育成

(3) 子育てに対して不安や悩みを抱える保護者等の支援

(4) その他地域の児童の健全育成に必要な活動

(職員)

第3条 各児童館に次の職員を置く。

館長 1名

児童の遊びを指導する者(以下「児童厚生員」という。) 2名

(職員の任務及び勤務条件)

第4条 館長は、町長の命を受けて業務を処理し、所属職員を監督する。

2 児童厚生員は、館長の指示を受けて、第2条の事業に従事する。

3 児童厚生員の勤務条件は、毎年度町長が別に定める。

(対象児童等)

第5条 第2条の事業の対象となる児童は、すべての児童とする。ただし、主に指導の対象となる児童は、おおむね3歳以上の幼児(以下「幼児」という。)、小学校1年~3年の少年及び昼間保護者のいない家庭等で児童健全育成上指導を必要とする児童とする。

2 次の各号の一に該当する児童は、児童館での指導を拒否することができる。

(1) 伝染性疾患を有するもの

(2) 児童館において指導することが不適当なもの

3 児童館に定期的に入館する児童の保護者は、毎年度、児童館利用者届(別記様式)を町長に提出しなければならない。

(児童館運営委員会)

第6条 各児童館に児童館運営委員会(以下「委員会」という。)を置く。

2 児童館運営の計画樹立及び実施に当たっては、委員会の意見をきかなければならない。

(児童館運営委員)

第7条 委員会の運営委員(以下「委員」という。)は、児童館と地域との連携を密にするよう地域の関係団体の代表者、民生委員及び学識経験者のうちから町長が委嘱する。

2 委員の定数は、10人以内とする。

3 委員の任期は、2年とする。ただし、委員が欠けた場合における補欠委員の任期は、前任者の残任期間とする。

(開館時間等)

第8条 児童館の開館時間は、地域の実情にあわせて、毎年度町長が別に定めるものとする。

2 児童館の開館中は、児童館利用者届のない一般児童も自由に利用させるものとする。

(休館日)

第9条 次に掲げる日は休館とする。

(1) 毎週日曜日

(2) 国民の祝日

(3) 1月2日から同月5日までの日及び12月31日

(遊びの指導)

第10条 児童の遊びの指導は、発達段階や運動能力、興味等に配慮しながら、児童の体力、活動力及び情操を高めるためのものでなければならない。

(苦情処理)

第11条 館長は、事業の内容に関する苦情に対して、迅速かつ適正に対応するため窓口を設置し、事実関係の調査及び説明、改善事項その他必要な措置を講じなければならない。

(備え付け帳簿)

第12条 児童館に次の帳簿を備え、館長は常に必要事項を記載しなければならない。

(1) 沿革誌

(2) 児童名簿

(3) 児童館日誌

(4) その他必要な簿冊

附 則

この規則は、公布の日から施行する。

附 則(平成25年9月1日規則第13号)

この規則は、平成25年9月1日から施行する。

画像

岩美町立児童館運営規則

平成17年4月1日 規則第8号

(平成25年9月1日施行)