■農地の権利移転等の許可(農地法第3条関係)

 耕作目的で、農地を売買、贈与、貸借する場合には農地法第3条に基づく、農業委員会の許可が必要です。

 1. 農地法第3条による許可基準

  農地法第3条の許可を受けるためには、農地の権利を取得しようとする者(借り手、買い手)が、次のすべての要件を満たす必要があります。

      今回の申請農地を含め、所有している農地または、借りている農地のすべてを効率的に耕作すること(すべて効率要件)

      法人の場合は、農地所有適格法人の要件を満たすこと(農地所有適格法人要件)

      農業経営に必要な農作業に常時従事すること

      今回の申請農地を含め、耕作する農地の合計面積が下限面積以上であること(下限面積要件※)

      今回の申請農地の周辺の農地利用に影響を与えないこと(地域との調和要件)

  ※ 下限面積要件とは、経営面積があまりに小さいと生産性が低く、農業経営が効率的かつ安定的に継続して行われないことが想定されることから、許可後に経営する農地面積が一定以上にならないと許可できないとするものです。

 【岩美町農業委員会では、町内の下限面積を次のように定めています】

区分

農地法第3条第2項第5号の農地又は採草放牧地の面積

大字

太田・本庄・河崎・新井・恩志・高山・鳥越・洗井・銀山・蒲生・馬場・相山・白地・長谷・真名・岩井・宇治・唐川・大坂・小田・外邑・延興寺・池谷・黒谷・荒金・院内・長郷・高住・岩常

50a

大字

大谷・岩本・浦富・相谷・牧谷

40a

大字

田河内・陸上・大羽尾・小羽尾

20a

大字

田後・網代

10a

2. 農地法第3条の許可を必要としないもの

 (1)相続(遺産分割・包括遺贈又は相続人に対する法定遺贈を含む)

 (2)法人の合併・分割

 (3)時効取得 等