町長の部屋 〜岩美町ホームページへようこそ〜

nisigakityoutyou

町長のコメント

新年あけましておめでとうございます〜平成31年 年頭のごあいさつ〜

2019/01/01
もどる

平成31年 年頭のごあいさつ

岩美町長 西垣 英彦

 

新年あけましておめでとうございます。

平成31年の輝かしい新春をお迎えのことと心からお慶び申し上げます。

 

 本年は「平成」最後の年となります。昭和から平成へと変わり、早いもので30年が経過しました。岩美町もその間、様々な難題に取り組みながら発展してきました。時代にあった取り組みを常に意識し、改善していかなければならないと考えております。特に全国的な課題である少子高齢化といった問題に対して、職員と共に知恵を絞りだし、町民の皆様と協力しながら対応していく所存でございます。 

 さて、うれしい話題の一つとして、岩美高校の女子バレー部が、県大会を勝ち抜き『全国春高バレー』に2年連続の出場を決めました。たいへん喜ばしいことで、町をあげて応援していきたいと考えております。1月5日に東京で試合が行われますので皆さん応援してください。 

 

それでは本年予定しております主要な施策や重要な課題について、いくつか述べさせていただきます。

 

○「教育・人づくり」について

 現在、工事中である中央公民館・町立図書館整備については、本年10月の開館を目指して準備を進めております。利用者の皆様には御不便をおかけしておりますが、今しばらくおまちください。また、完成の後には多数の皆様にご利用いただき、社会教育・まちづくりの拠点として幅広く活用していただきたいと考えております。 

 小学校については、近年の夏季における児童の熱中症対策として、各小学校の普通教室、特別支援教室に空調設備を設置します。平成30年度に設計業務を完了し、本年6月の工事完成を目指して進めてまいります。 

 岩美高校においては、高校の魅力向上を目指す取組みや、県外生徒を下宿で受入れる「ふるさとファミリー制度」、通学費補助制度などの支援を行ってまいります。 

幼児期の施策においても、引き続き、保育料の軽減など保護者の負担を軽減する事業を始め、妊娠期からの相談・支援事業や各種健診など保健事業の充実を図り、安心して子育てが出来る体制を整えてまいります。 

 

○「福祉・支え合い」について

 住み慣れた地域で健康に安心して暮らせる状況を維持できるよう地域医療の拠点となる岩美病院と健康増進事業の核となるすこやかセンターを中心に、保健・医療・福祉を充実させてまいります。 

 また、平成30年に成立した「健康増進法の一部改正」に伴い、たばこによる健康被害を減らすため、岩美町では法律の施行期日を1年前倒しし、本年4月より町の施設の敷地内禁煙を実施します。

 公共交通施策については、先日実施しました町民アンケートを参考に、今後の交通の在り方を考え、利用者の利便性を維持しながら、より効率的となる運用を検討してまいります。 

 

○「産業・しごと」について

 本年10月から消費税率が10%へ引上げとなる予定です。景気回復が地方へ十分に浸透してこない厳しい状況であると感じておりますが、景気の停滞につながることの無いように国の動向を見据えて的確な施策を展開していく必要があります。商工会を中心に、雇用創出・安定経営の支援・創業・事業承継など地域経済の活性化に取り組んでまいります。 

 農業・漁業・林業の点については、減反政策の廃止、漁業権制度の見直し、森林経営管理といった新たな課題に対して、関係者の皆様とよく話し合って対策を検討してまいります。

 

 

○「協働のまちづくり」について

 昨年は、全国で大きな自然災害が相次ぎ、多くの被害が発生しました。岩美町においても、7月には集中豪雨、秋には大型台風の通過に伴う豪雨・強風といった災害に見舞われました。人的被害がなかったことは幸いですが、いかなる場合においても災害を最小限に抑える取り組みに力を入れていく必要性を感じております。自助・共助・公助の基本理念のもとに、引き続き、自主防災組織の設立・促進と組織体制の強化を推進し、様々な災害に対応できる体制づくりを構築してまいります。

併せて、高齢者など支援の必要な方々を町、地域、防災、福祉関係者が一体となって支援していく体制を整える取り組みを確立してまいります。

 また、まちづくりにおいては、地域や民間団体の行う取り組みを支援するとともに、町民一人ひとり自らの地域課題の解決について話し合い、実践する仕組みづくりに取り組みます。

 

 

○「交流・観光・賑わい創出」について

 ユネスコ世界ジオパーク再認定審査については、昨年夏に、町民の皆様・ガイドの皆様のご協力により無事に終えることが出来ました。皆様と喜びを分かち合えることを願いながら吉報を待っております。

また、近年人気の高いマリンスポーツをはじめ、「トワイライトエクスプレス瑞風」の運行といった全国に岩美町をアピールする機会を活用して、「海・山・温泉」という豊かな資源を活用した交流人口の拡大や賑わいの創出をすすめてまいります。

 地域活性化の柱となる「地域創生総合戦略」については、平成27年に策定し、本年が最終年となります。出生と死亡の差である人口の自然減は、まだ歯止めがかかりませんが、転入と転出の差である人口の社会減は、効果が出ていると感じております。これまでの取り組みを検証して、次の新たな戦略に臨んでまいります。

 

 終わりになりますが、「第10次岩美町総合計画」を町政の指針として計画的に施策を実行し、「住み続けたい」「住んでみたい」「帰ってきたい」と思っていただける「魅力のあるまちづくり」を、引き続き推進してまいります。

 町民の皆様のより一層のお力添えをいただきますようお願い申し上げますとともに、皆様のご多幸とご健康をお祈り申し上げて、年頭にあたってのご挨拶といたします。

 

 
 

町長交際費

2019/09/02

町長交際費についてお知らせします。