いわみ暮らし

いわみ暮らしのお知らせ

【7月28日】『おいでや!!いなか暮らしフェア』 〜ふるさと回帰フェア2018 in大阪〜に参加します!

2018/06/28
もどる

平成30728日(土)に大阪市中央区の「大阪天満OMMビル」で
開催される
『おいでや!!いなか暮らしフェアin大阪』に、岩美町も参加します!

この相談会は、北海道から沖縄まで約200地域が参加し、

各ブースで地域の魅力や仕事についての紹介、移住支援制度の説明などを行います。

“いなか暮らしに興味がある“

“移住定住する意思はあるが、何から始めたらいいか分からない”

“具体的に移住する目的が決まっているが、地域が未定”

など、移住をお考えの方の相談に個別に応じます。

今回は、町の水産担当の職員も参加します!

漁業に興味のある方は、ぜひお越し下さい。

その他、どなたでもお気軽にご参加下さい。会場でお待ちしております。

■日  時:平成30728日(土)11:0017:00

■会  場:大阪天満OMMビル 2階 BCホール

     (大阪市中央区大手前1-7-31 大阪マーチャンダイズ・マート) 

■参 加 費:無料

■主  催:認定NPO法人 ふるさと回帰支援センター

詳細ページはこちら


 
 

暮らしやすさ イベント情報

sumitaiinaka


岩美町は、全国トップクラスの透明度を誇る海、
四季の移ろいある美しい山、源泉かけ流しの温泉など、
多くの自然に恵まれた町です。
また、買い物や通院にも便利で、人のつながりがあり、
子育て支援も充実しているため、
とても暮らしやすい環境にあります。

一緒に岩美町で”いわみ暮らし”を始めませんか。
移住相談員ブログでも随時情報配信しております。


   

岩美チャレンジサポートネットワーク

岩美町では新しい取組にチャレンジする若者を
官民一体となりサポートしていきます。

チャレサポ

メディア掲載情報

田舎暮らしの本(2017年9月号)

mabuti

地域おこし協力隊として2014年6月に着任し「昭和民宿龍神荘」を再建に奮闘しながら、漁業権も取得し素潜り漁もするオーナーの間淵さんがP20-21で紹介されました。

田舎暮らしの本(2017年9月号)鳥取県記事を読む

 

田舎暮らしの本(2016年8月号)

nijinoki

岩美町の海に惹かれ移住し、4月にカフェをオープンし、移住者が中心となった民間団体「うみねこ舎」の代表でもある川元さんがP16-17で紹介されました。


 

TURNS Vol.15(2016年冬号)

turns15

IT企業とカヌーガイドの二足のわらじを履くライフスタイルの橋本さんとシーカヤックツアーコーディネーターとカフェを経営する川元さんがP70-71で紹介されました。

TURNS2016年冬Vol15号の記事を読む

 

田舎暮らしの本(2015年8月号)

aloha

浦富海岸に魅せられて岩美町に移住され、2014年に海辺にカフェをオープンされた喜瀬さん一家がP14-15で紹介されました。

田舎暮らしの本(2015年8月号)鳥取県記事を読む

 

田舎暮らしの本(2010年8月号)

blueline

奈良県から鳥取県岩美町へ単身でIターンし、ダイビングサービス「ブルーライン田後」(鳥取県岩美町)で、インストラクターとして働く松原仁さんがP40-41で掲載されました。

田舎暮らしの本(2010年8月号)紹介サイトを読む

移住者体験談

喜瀬さん(平成19年度移住)


海辺でカフェを経営しながら子育て!


インタビュー記事はこちら

 

橋本さん(平成27年度移住)


冬はIT企業の社員、夏場はカヌーガイドなど、
ワークライフバランスを実践!



 

間淵さん(平成26年度移住)


地域おこし協力隊として民宿「龍神荘」を再
オープン!


龍神荘のHPはこちら

 

うみねこ舎(平成27年度結成)


移住者を中心とした地域活性化団体。岩美町
内外の架け橋となって岩美の魅力を発信して
います!


うみねこ舎のHPはこちら

移住定住支援

いわみ暮らしパンフレット

いわみ暮らしパンフレット(PDF)

いわみ暮らしについての支援内容や
実際の移住者インタビュー記事などを
まとめたパンフレットです。

移住相談員のブログも更新中です。



blog
移住希望者募集


住まい情報



町営住宅の入居に関しましてはこちらをご覧ください。

関連情報
結婚記念写真



岩美町地域おこし協力隊