企画財政課

企画財政課からのお知らせ

一橋大学の学生がフィールドワークを行いました

2017/12/14
もどる

一橋大学の学生がフィールドワークを行いました

 

 平成29年11月、一橋大学辻ゼミナールの学生14名が、人口減少の現状や地域創生の取組を学ぶため、岩美町内で2日間のフィールドワークを行いました。

 初日は、田後大漁感謝祭の見学、役場での町長との意見交換、「鳥越どんづまりハウス」での昼食、田河内集落での岡島区長との意見交換、東浜散策、民宿での町民と意見交換・交流会、2日目は、「道の駅」の見学、「あじろカフェなだばた」での昼食と盛りだくさんの内容。

 岩美町の魅力、課題、持続・発展させるアイデアなど、参加された学生の皆さんには、いろいろと感じて学んでいただきました。

 今後もこのようなフィールドワークを積極的に受け入れ、交流人口を増やしていきます。

 

<参加者の感想・意見>

(1)岩美町の魅力

 ・美しい海をはじめとする豊かな自然

 ・親しみやすい人

 ・地域のつながり

 ・美味しい海産物

 ・資源を活かした産業(水産業、観光業、アクティビティ)

 ・ほどよく便利な生活環境(鳥取市から近い、まちと自然の調和)

 ・移住・子育て支援施策

 ・地域づくりの取組

(2)岩美町の課題

 ・産業振興、雇用創出

 ・観光振興、移住促進、知名度向上

 ・限界集落対策、集落機能の維持

・地域・移住者・行政の連携強化

(3)岩美町の持続・発展のためのアイデア

 <産業振興・雇用創出>

 ・6次産業化を進める。

・食品加工業に重点をおき、起業支援を行なう。

 ・IT企業を誘致する。

 ・仕事は鳥取市内、そのベットタウンが岩美町として発信する。

 <観光振興・移住促進・知名度向上>

 ・二次交通網を充実する。

 ・雨でも楽しめる観光メニューをつくる。

 ・東浜駅周辺に商業施設や飲食店を整備し観光地化する。

 ・地元食材を食べられる店でネットワークをつくり、加盟店を増やしながら発信する。

 ・地元の人と交流できる飲食店や宿泊施設であることを売りに発信する。

 ・「人」「動き」をもっと発信する。

 ・体験アクティビティを増やす。

 ・古民家を利用した民泊、Airbnbを増やす。

 ・Instagramによる発信を強化する。

 <限界集落対策、集落機能の維持>

 ・集落機能の維持には多額のコストがかかるため、限界集落ではなく、人口が多い地区への移住を促す。

 <地域・移住者・行政の連携強化>

 ・集落の盛り上げ役と地域おこし協力隊の交流会を行うことで、課題の共有、町施策の集落への落とし込みを行う。

 ・地元の若者と地域おこし協力隊が協力して行う活動を支援する。

 <当日の様子>

  

    田後大漁感謝祭の見学        役場での町長との意見交換
  
   鳥越どんづまりハウスで昼食   田河内集落での岡島区長との意見交換
  

      東浜散策             町民との意見交換
  
      道の駅の見学         あじろカフェなだばたで昼食
 
 

 

 企画振興係

  主な業務
  自治組織、統計調査、陳情・要望、町営バス、公共交通対策
 

 いわみ音楽祭
 パブリックコメント(町政に係る意見反映制度)
 町営バス・路線バス
JR
 統計調査
 自動車臨時運行許可
 町に寄せられた意見への回答
 わがまちの写真館

 

 地域創生室

  主な業務
  地域創生、総合計画、定住改革、地域づくり、行政改革

<地域創生>
 地域創生
 結婚記念写真等撮影費助成事業
 同窓会助成制度

<総合計画>
 総合計画
<定住対策>
 いわみ暮らし(UIJターン)
 地域おこし協力隊
 移住相談員ブログ(いわみ暮らし)
<地域づくり>
 まちづくり事業
 NPO
 認可地縁団体
 岩美町×日本財団共同プロジェクト
 岩美夢づくりネットワーク〜いわみ〜てぃんぐ〜
 
協働の地域づくりプロジェクト・チーム
<行政改革>
 行政改革


 

 

 財政係

  主な業務
  予算、決算、地方債、財政健全化法、ふるさと納税


 施政方針並びに施策の大綱
 予算  「協働のまちづくり」予算 
 決算   財政状況資料集(H22〜) | 財政比較分析表等(H19〜H21)
 財政健全化法
 中期財政見通し
 ふるさと岩美まちづくり寄附金(ふるさと納税)
 岩美町のまちづくり