企画財政課

企画財政課からのお知らせ

中山間地域生活支援モデル事業キックオフイベントを開催しました

2017/03/31
もどる
 3月30日(木曜日)に小田、網代地区で「中山間地域生活支援モデル事業キックオフイベント」を開催しました。

 岩美町では、高齢になっても農山漁村で元気に安心して暮らし続けられるまち、地域が自発的かつ継続的な仕組みの中で支え合えるまちをめざし、「鳥取県×日本財団共同プロジェクト」助成金を活用し、町内の各団体を実施主体に互いに連携しながら、生活支援のモデル事業に取り組んでいます。女性や高齢者が仲間と一緒に働くことのでき、子どもから高齢者までの多世代が交流できる場として、「常設型高齢者サロン」を漁村・農山村に整備するとともに、ITネットワークや車両を導入しました。

 このたびは、その事業の運用を開始することから、町内外に広く周知するために、キックオフイベントが開催されました。
 当日は、日本財団の笹川会長と共に、小田地区の農村サロン・移動販売車の見学、網代地区の漁村カフェで、事業の開始式、試食会、テレビ電話による岩美病院健康講座を行いました。

 今後は各取組で連携しながら、高齢者の生きがいづくり、地域の元気づくりに励んでいきます。

 
       農村サロン               移動販売車

  
      榎本町長の挨拶                  日本財団 笹川会長の挨拶 

  
        平井知事の挨拶             テープカットの様子
            
 
        漁村サロンでの試食会                 テレビ電話による岩美病院健康講座

<参考>

 

名 称

内      容

事業費

実施主体

漁村における常設型高齢者サロンの新設

○網代地区において、地域に住む独居高齢者の方々への配食サービスの場となり、また、女性が仲間と一緒に楽しく生きがいを持って元気に働くことができ、かつ地区の高齢者の交流の場、地区外の方を呼び込む場にもなる「漁村カフェ」(名称:あじろカフェなだばた)を整備する。

○大岩地区において、高齢者が仲間と一緒に楽しく生きがいを持って元気に働くことができ、かつ障がい者の雇用の場にもなる水産加工施設を整備する。(水産加工品は道の駅に出荷)

36,229千円

 

鳥取県漁業協同組合

網代港支所

農村における常設型高齢者サロンの新設

○小田地区において、高齢者が仲間と一緒に楽しく生きがいを持って元気に農作業することができ、かつ交流の場にもなる「農村サロン」を整備する。(農産品を道の駅に出荷)

8,113千円

 

岩常部落・

院内集落

ITネットワークによる高齢者サロンの充実

○高齢者サロン間及び岩美病院をITネットワークでつなぎ、町内広域で相互に参加できる新たなコミュニティの仕組みを導入する。

4,619千円

 

岩美町社会福祉協議会

特産品出荷支援体制及び移動販売体制の整備

○保冷車及び移動販売車を導入し、農山村で作られた特産品や野菜の出荷を支援する体制、及び買い物支援として移動販売体制を整備するとともに、見守りサービスを強化する。

9,985千円

 

鳥取いなば農業協同組合

58,946千円

 


     
 
 

 

 企画振興係

  主な業務
  自治組織、統計調査、陳情・要望、町営バス、公共交通対策
 

 いわみ音楽祭
 パブリックコメント(町政に係る意見反映制度)
 町営バス・路線バス
JR
 統計調査
 自動車臨時運行許可
 町に寄せられた意見への回答
 わがまちの写真館

 

 地域創生室

  主な業務
  地域創生、総合計画、定住改革、地域づくり、行政改革

<地域創生>
 地域創生
 結婚記念写真等撮影費助成事業
 同窓会助成制度

<総合計画>
 総合計画
 定住対策プロジェクト
<定住対策>
 いわみ暮らし(UIJターン)
 地域おこし協力隊
<地域づくり>
 まちづくり事業
 NPO
 認可地縁団体
 岩美町×日本財団共同プロジェクト
 岩美夢づくりネットワーク〜いわみ〜てぃんぐ〜
 
協働の地域づくりプロジェクト・チーム
<行政改革>
 行政改革


 

 

 財政係

  主な業務
  予算、決算、地方債、財政健全化法、ふるさと納税


 施政方針並びに施策の大綱
 予算  「協働のまちづくり」予算会議 )
 決算  財政状況資料集 | 財政比較分析表等
 財政健全化法
 中期財政見通し
 頑張る地方応援プログラム
 ふるさと岩美まちづくり寄附金(ふるさと納税)
 岩美町のまちづくり